7月9日(土)の学習予定

本当に、暑いですね〜!
節電、節電と言えども、ついクーラーが入ってしまいますね。
次回7/9は、以下のような内容を予定しています。

1)右手の弾き方、ワインポイント。
2)Guayana es…の復習。コーラスをしながら弾けるといいですね。
3)新曲としてマイナー調のカリプソ、El Valentonを取り上げます。
キーはBmなので、先日配布したGmのバージョンから転調した音源を添付しました。
8フレット分も落とすので、非常に聞きづらい音声になっていますが、いっしょに合
わせて弾くことはできます。
4)El Pastorcitoの復習。とくに、BメロからCメロ(ゴルペ・デ・アルパ)に入ると
ころをしっかり押さえましょう。
5)El Prisioneroの通し。
6)Seis por Derechoを復習することで、セイスのノリにさらに慣れるようします。
7)知識コーナーもお楽しみに!

クラス後は、すでにご案内したとおり、吉澤陽子さんのデュオ「サテリテ」のベネズ
エラ音楽コンサートです。みなさん、ぜひ聴いていって下さい!

“7月9日(土)の学習予定”の続きを読む

6月11日(土)の学習予定

こんにちは。
暖かくなってきて、クアトロを弾くにも手が動きやすくなってきましたね。

さて、次回クラス内容は、基本的に前回と同じです。
それに加えて、6/25のイベント用に、Vals Pica Picaと
Quirpa-Seis por Derechoを練習します。
ビデオ等で、暗譜するよう心がけて、復習しておいて下さい。

1)裏拍(contratiempo)の感覚の強化。
2)Guayana es…
3)El Prisionero
4)Las Bellas Noches de Maiquetia
5)知識コーナーもお楽しみに!

5月21日(土)の学習予定

こんにちは。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
貴重なお休みですが、クアトロ練習にも時間を割いて下さいね!

次回5/21のクラス展開は、以下のように考えています。
練習曲は、新曲とこれまでの曲の復習を混ぜていくつもりです。

1)ホローポの弾き際の右手を見直します。

2)ベネズエラ音楽にぜひとも必要な裏拍(contratiempo)の感覚の強化。

3)新曲Guayana es…に取りかかります。超!有名なカリプソです。
イントロ以外の歌の部分のコードを把握してきて下さい。

4)配布済みですが、一度も扱っていないEl Prisioneroに取りかかります。
メロディはマンドリン、バンドーラ、フルートなどで挑戦してみて下さい。
キーがDmなので、登場するコードを予め把握してきて下さい。(とくにCやF)

5)Las Bellas Noches de Maiquetiaを復習します。

6)時間次第で、El Pastorcitoも復習します。

7)知識コーナーもお楽しみに!

4月2日(土)の講義予定

明日のクラスの流れは、以下のような展開を考えていますのでお知らせしておきます。

㈰ステージでの配置を決めます。

㈪いきなり、ぶっつけ本番で4曲を通します。本番は、リハの時間もないので、いきなり弾き始める感触を経験しておくためです。
曲順は、バルス→ホローポ→カリプソ→コーヒールンバ、です。

㈫マイクを置き、音量調整して、本番でのバランスを決定します。

㈬そのままステージの上でマイクもオンにしながら、それぞれの曲を重点箇所を中心に繰り返し練習します。

配信済みのリハ動画をチェックして、各自で自分なりの注意点を確認してから臨むようにして下さいね。

3周年記念パーティーが震災チャリティーイベントと名を変えた状況でありまして、スポーツに続いて音楽も役割が出てきたと自覚し、自分たちにできる演奏を一生懸命頑張りましょう!よろしくお願いします。

3月19日(土)クラス中止のお知らせ

関東方面の状況もテレビでは確認しておりますが、みなさんはどのようにしのいでいらっしゃるでしょうか?
名古屋の方は、昨夜静岡と岐阜の地震で少し揺れましたが、おかげさまで大事には至っておりません。

CAFE Y LIBROSでは、事務の方でもなかなか出勤が思うようにならない状況だそうです。それで、今週末19日(土)のクラスの中止の提案があり、私としましてもそれが適切と判断致しました。

しばらく状況を見ていくしかありませんが、また連絡事項が生じ次第、配信致します。みなさん、大変なときですが、何とか乗り切っていきましょう。

外出ができない分、クアトロをもっと練習しましょう!!!

1月22日(土)の学習予定

あけましておめでとうございます。

次回1月22日の学習事項は以下を予定しています。

今回は、発表会課題曲4曲に限る予定です。4月のことですが、それまでに3回しかありませんので、コードについてはできるだけ暗譜しておいて下さい。クラスでは、何度も通すことに力を入れたいと思います。各パートの個別指導などもありますので、時間の会場が許す限り延長もありえます。

1)バルス・ピカ・ピカ
・前回はテンションコード(数字のついた応用コード)の押さえ方で終わりました。
コードの押さえ方については、Acordes para VALS PICA PICA.pdfを参照して下さい。
まず、テンションコードのもとになった基本のコードが載っています。その次にVALS PICA PICAに出てくるテンションコードが続きます。フレットボードに数字が載っていますが、この度数についてはクラスで説明します。押さえる指については、1/2/3/4だけを使った場合のほか、T(親指)を使う場合も合わせて、いくつかの押さえ方が提示されています。前後のコード状況によるのでいろいろ押さえ方が必要となります。
私としては、親指を用いた押さえ方を推奨します。まずは、基本コードだけで伴奏するということでも結構です。
・右手の弾き方はとりあえず単純でいいですが、余裕があれば、前回とりあげた弾き方をVals_Mano Derecha.pdfに載せてありますので、取り入れてみてください。

2)カリプソのメドレー
・Potpourri de Calipso_Acordes.pdfのような構成となりました。Calypso Manを2回りやって最後のDコードを弾き切ったあと、一人がMami Mamiのテンポに切り替えて、そのイントロをかき鳴らします。その後、みなでいっしょに入ります。Mami MamiをA→B→C→A→Bメロと終わったあと、パーカッションソロになり、その後合図で、Cumplean~os Felizに入ります。繰り返しは2回です。
・メドレーにする関係で、Mami Mamiは、キーを1音落としてDとしました。これにより押さえ方が楽になった分、ツーファイブ(B7→Em→A7)をはさんだコードの流れとなっています。(添付音源はDに落としてあります。)
・右手は、2小節パターンの「ズグジャガ・ズグジャガ・ズジャンジャ・ズグジャガ」で通してください。ブレイクのある場所はクラスで確認しましょう。

3)キルパ〜セイス・ポル・デレチョのメドレー
・Quirpa-SeisPorDerecho_Bandola&Cuatro.pdfをしっかり見てきて下さい。
・キルパの始まり方は、配布済み音源のCD:BANDOLAS DE VENEZUELAの4曲目のQUIRPA SEISと同じですので、聞いてきて下さい。
・前回やったキルパからセイスへの切り替え部分はしっかり復習しておいて下さい。
・セイスの締めは、クラスで説明します。

4)コーヒールンバ
・構成は、X→A→A→B→A→Y→A→A→B→Xの予定です。久しぶりですので、コードをしっかり確認しておいて下さい。

12月11日の講義予定

次回12月11日の学習事項は以下を予定しています。
教材はプリントアウトしご持参下さい。

1)右手の弾き方についてワンポイント。
2)VALS PICA PICAのAメロ・Bメロを復習し、伴奏に取りかかります。(譜面参照)
3)QUIRPAとSEIS POR DERECHOのメドレーの転換部の練習。
これは、CD:BANDOLAS DE VENEZUELAの4曲目のQUIRPA SEISにある転換部です。
 (譜面参照)
4)MAMI MAMI、CALYPSO MANをカリプソ・パーカッション・アンサンブルでやります。
5)LAS BELLAS NOCHES DE MAIQUETIAを通します。
6)前回触れられなかった新曲、El PRISIONEROでマイナーコードにも慣れましょう!
前回の添付音源をよく聴いてきて下さい。
7)4月8日(金)の発表会の件について話します。
今後のクラス日程は、1/22、2/19、3/19を予定しております。この3回は、集中的に課題曲に取り組むことになります。次回クラスで現段階での本番参加の可否を伺います。

第19回(11月13日)の講義予定

次回11月13日の学習事項は以下を予定しています。

1)右手の弾き方についてワンポイント。
前回のホローポに引き続いて、RAFAEL BRITO流のメレンゲの弾き方に触れます。
2)MAMI MAMI、CALYPSO MANをカリプソ・パーカッション・アンサンブルでやります。
3)LAS BELLAS NOCHES DE MAIQUETIAを通します。
4)VALS PICA PICAのAメロ(添付譜参照)を復習し、Bメロに取り掛かります。
時間次第でAメロの伴奏にも入ります。

※この曲の歌バージョンを聴きたい方は以下をクリックして下さい。
http://www.dalealplay.com/informaciondecontenido.php?con=107218

5)新曲、El PRISIONEROでマイナーコードにも慣れましょう!
音源をよく聴いてきて下さい。
6)知識コーナーもお楽しみに!
7)そのほかのホローポなども時間次第で復習します。

10月16日の学習内容

次回10月16日の学習事項は以下を予定しています。

1)右手の弾き方について
私自身大阪でのAHONDAワークショップに通訳として参加し、そこで得たRAFAEL BRITO氏から得た新たな知識を紹介します。
2)通す曲は、COMPADRE PANCHO、MAMI MAMI、CALYPSO MAN、QUIRPA、ZUMBA QUE ZUMBA、PERIQUERA、EL PASTORCITO、SEIS POR DERECHO、APURE EN UN VIAJE...などです。カリプソはパーカッション・アンサンブルも含みます。
3)久しぶりに、LAS BELLAS NOCHES DE MAIQUETIAを通します。
4)ミニライブは、ホローポ・ダンスです。体験もあります。お楽しみに!

第16回(8月21日)の学習予定

次回8月21日のクラスでは、以下の学習事項を予定しています。

1)右手の弾き方についてワンポイント。
2)COMPADRE PANCHOを通して弾き語りをします。
3)MAMI MAMIのコーラスパートを歌いながら通せるようにします。
4)QUIRPA、ZUMBA QUE ZUMBA、PERIQUERA、EL PASTORCITOの通しをします。
(さらに2人デビュー!)。
5)APURE EN UN VIAJEを音源に合わせて通します。
(歌詞の地名をたどった地図を添付しました)

“第16回(8月21日)の学習予定”の続きを読む