3月3日(土)の学習予定

寒さもほんの少し和らいできましたが、まだまだ不安定な天候ですね。
三寒四温と言いますが、私に最初にクアトロを教えてくれたベネズエラ人の友人が、春になるたびに、これをTresCancion(es)と言っていました。
分かりますか? ベネズエラ人のダジャレですね!(笑)
前回の内容報告が大変遅くなりまして、本当に申し訳ございません。最近は、私自身が担当するようになり「内容報告」でもありますが、「内容補足」的な部分もあり、長い文章になってしまっています。しかしながら、一番最初の右手のワンポイントの
コーナーだけでも読んでおいてから、次回のクラスに参加していただけるとありがたいです。
さて、次回3/3(土)の学習内容としては、以下を予定しております。
1)右手のワンポイント:ガイタの弾き方を前回のように一つずつの音を大切に確認しながら、とくにチャスキードのコツに重点をおきながら、Aパターンの練習に取り組みます。
2)La Cabra Mochaの通し。チャスキードの音をタンボーラ(ガイタの太鼓)のリズムにきっちり合わせながら、ゆっくりと通します。
3)各キーのスリーコードを、前回と同じような練習法で繰り返し弾きます。
4)Apure en un ViajeとSeis Numeraoのバンドーラ伴奏(キーD)の復習。この2曲をメドレーにするのでそのイントロ、移行部、締めについて書いた楽譜をプリントアウトしてご持参下さい。
メドレー楽譜 ApureenunViaje_SeisNumerao.pdf をダウンロード »
5)今回は、知識コーナーに代えて、セレステの実演コーナーとし、新曲を披露致します。お楽しみに!
6)カリプソ・アンサンブル、Guayana es…を復習します。コーラスもしっかりね!
現段階では、7人の方から、1時15分開始の承諾をいただき、遅刻となるという報告はいただいておりません。1名欠席です。こちらの勝手ですみませんが、1時15分に開始させていただきます。、もし、それまでに全員がすでにお揃いの場合はその時点で始めさせていただきます。4時ごろの終了を予定しております。
それでは、次回もできるだけ多くの方のご参加をお待ちしております。
よろしくお願いします。