カラカス・シンクロニカ 豊橋•駒ヶ根公演 随行記

11月4日から昨日7日まで、カラカス・シンクロニカの豊橋・駒ヶ根公演にスタッフとして随行させていただきました。
私の担当は、通訳と音響スタッフでしたが、イベントの合間の空き時間や食事のときなどに、ベネズエラ音楽についてさまざまなことを教えていただき、コンサートやワークショップも合わせて、実に楽しく充実した時間を過ごすことができました。
いかにもベネズエラ人という親しみやすいメンバーのみなさんと親交を深めることができ、至福の日々でした。


このカラカス・シンクロニカというグループが類まれなグループであることをとことんまで実感させられる日々でした。
メンバー全員がベネズエラ各地の現地(田舎)でしか演奏されないような非常にめずらしいリズムまで、しっかり精通しており、演奏でき、そういったまさに「本物の」リズムをベースにした上で、ジャズのハーモニーやクラシック音楽の体位法を用いた彼らなりの洗練された都会的な作曲やアレンジをぶつけていっているのです。
超絶技巧駆使して、現代的でおしゃれな音楽をやる若手のアーティストは、ベネズエラでもどんどんでてきていますが、本物のリズムの上に立って演奏できる人はあまり多くないそうです。
とくに、普通ならあまり取り上げられない、東部やアフロ系のリズムの曲が醍醐味です。
プログラムは、これぞベネズエラといえる伝統的な演奏から始まり(普段はクアトロのないCSですがここではクアトロも使用)、独特なアレンジの有名曲、グループ独自のオリジナル曲とすすみ、いろいろな曲調やリズムで楽しめます。洗練された即興演奏の多いインスト部分はもちろん、コール&レスポンスによる歌も実に聞き応えがあります。
東京では、まだ10日恵比寿、11日立川市の2公演があり、当日券もあるということなので、ぜひ一度このすばらしいグループを体験して下さい。また、会場では、これまでの3枚のCDすべてが販売されています。
12日の石橋先生の東大駒場でのレクチャーコンサートもオススメです。
お時間のある方は、ぜひぜひカラカス・シンクロニカのすばらしいコンサートに足を運んでくださいね!
11月10日 (木) 恵比寿 ザ・ガーデンルーム 19:00開演
司会・解説:石 橋 純
前売¥2500/当日¥3000/学生¥1000(要学生証)
問:EAU 03-3423-1543
<YOUTUBE参考映像>



YouTube: JazzFest Barquisimeto 09: Joropo Tuyero Jazzeado con Caracas Sincrónica



YouTube: Caracas Sincrónica – Concha acústica de Bello Monte

“カラカス・シンクロニカ 豊橋•駒ヶ根公演 随行記” への1件の返信

  1. 11月10日(木)恵比寿ガーデンルームの「カラカス・シンクロニカ」。民族音楽からラテンジャズまで多彩な音楽性にクラクラしました。次は音響の整った小ホールかライブハウスで聞きたいな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です