次回11月22日(土)の学習予定

スタッフとして参加したトリオ・アルデマロ・ロメーロのツアーも無事終わり、少し穴の開いたような心境です。今回もベネズエラ音楽のまた別の側面を、存分に味わうことができました。人間味あふれるマエストロたちとの交流も、私の人生の財産となりました。みなさんもどれかの公演に見に行けたでしょうか?

さて、仕切り直して、ベネズエラ音楽の演奏力を高めるべくまた頑張っていきましょう! 11/22のクラス内容は以下を予定しております!

1)右手のエクササイズをワンポイント。メトロノームの利用をテーマにします。
添付音源は、私の考案したホローポ用メトロノームを用います。どこから再生を始めるかによって、トレスでもセイスでも使用可能です。Transcribe!で利用すると、スピードを変えられて便利です。!

2)今回からアンサンブル曲に取り掛かることにします。まず、1曲目は、Amalia Rosaを取り上げます。数々のジャンルを学習してきましたが、はじめてのゴルペ・ラレンセ(ララ州のホローポ)です。自主アンサンブルでも興味深い音源が配布されているようですが、ここでは現地風のスタイルで行います。この種のホローポはコーラスが決めてですので、二部合唱+パーカッションで演奏できるようにしたいものです。!

3)La Burraなどセイスの復習をします。時間次第で、伴奏の仕方のバリエーションにも触れます。La BurraはYouTubeに普通とゆっくりの速度のバンドーラ演奏をアップしましたので、いっしょに伴奏の練習ができます。


YouTube: La Burra, bandola guayanesa, velocidad normal

4)El Burrito Sabeneroのカリプソ・バージョンをやります。

1)と2)に関して、教材は下のリンクの《書庫(受講生only)》からダウンロードして下さい。

ご参加の方は、前もってお知らせ下さい。
金曜レッスンとともに報告していただいた方はこの限りではありません。
前回クラスでは、事務の手違いで直後に利用予約が入っていましたが、今後はクラスの時間が12:00から14:30、撤収が15:00までという時間帯を確保していただけることになりました。ただ最近は開始時間が12:30ごろになる傾向があります。11時半ぐらいに到着しておただき、12:00から確実に始められるようにしたいものです。中途半端な時間の開始ではありますが、ぜひともご協力お願い致します。

 

Kyoozai_20141116.zip(約250MB)

 

※ダウンロードするには受講生パスワードが必要です。