ベネズエラカフェ@ビバリーヒルズ

2014年9月、アメリカ・ロサンゼルス滞在の際にビバリーヒルズのベネズエラカフェ、コーパ・カフェ(Coupa Cafe)を訪れました。ここはカラカス滞在時に美味しいコーヒーを楽しませてもらったカフェ・アラビカ(Cafe Arabica @ Los Palos Grandes)と同じファミリーが経営する店。アメリカで、それもハリウッドスターやリッチなセレブが住むビバリーヒルズでどんな料理や飲み物を提供しているのか、以前から興味津々でした。

ビバリーヒルズとはいえ、店の雰囲気はとてもカジュアル。入り口にはバナナの木が飾られ、オープンカフェスタイルです。店の内装は黄、茶、黒色でまとめられていて、シックで落ち着いた感じです。無料のWi-Fiネットワークも提供されていて、日本とのメールのやりとりも店内で快適にできます。

店内にはラテン音楽が流れ、ヤシとランの鉢植えが置かれています。ロサンゼルスの心地よい風と屋外の陽射が降り注ぐ様はビバリーヒルズでありながら、カラカスの雰囲気いっぱいです。

メニューを見ると、ベネズエラ料理のほか、バーガーやパニーニ、ピザなどアメリカのカフェによくある料理も並んでいます。アルコールリストも充実しています。朝食メニューは1日中出してくれるそうで、パベジョン(pabellon)によく似た料理もクリオージョ(criollo)の名前で朝食メニューに入っていました。ペリコ(ベネズエラ風のスクランブルエッグ)、カラオタ・ネグラ(甘く煮た黒豆)、揚げたバナナ、チーズ、アレパがワンプレートで提供されます。

ドリンクメニューにチーチャ(Chicha お米と牛乳でつくる甘い飲み物。アルコールは入っていない)とパペロン・コン・リモン(Papelon con limon サトウキビを煮詰めた茶色のかたまりを溶かして、レモンを絞った甘い飲み物)があるのを発見。ベネズエラのものと変わらないのか、アメリカ人向けにアレンジしてあるのか、確かめたくなって、どちらも注文してみました。


↑チーチャ(米と牛乳でつくる甘い飲み物)

チーチャはお米の粒がときどき感じられる程度に残っていて、甘さも最適。上にシナモンパウダーがかかっていて、飲みやすくなっています。一方、パペロン・コン・リモンはレモンが効いていたものの、私にとっては甘すぎたので、途中で氷を足してもらいました。でも、どちらもベネズエラの懐かしい味が再現されていました。

そして、軽食メニューのなかに、アレピータ・レイナ・ペピアーダがありました。表面をカリカリに揚げた小さいアレパ(アレピータ)の上に、チキンサラダが載っていて、飾りのわけぎとパセリが散らしてあります。酸味の効いたなめらかなワサカカソースが添えられていて、フォークとナイフで適当な大きさに切り分けながらワサカカソースにディップして食べます。手でつまむアレパがお洒落なカフェメニューに変身です。


↑アレピータ・レイナ・ペピアーダ

いま、健康志向のアメリカ人の間では、小麦やライ麦に含まれるグルテンを含まない食事、「グルテンフリー」が流行しています。メニューのアレパやエンパナーダの個所には gluten-freeと記載されていました。トウモロコシの粉は、アメリカではヘルシーな食材になっているようです。


↑パペロン・コン・リモンとクリオージョ

食後にはアラビカ種100%のベネズエラコーヒーを堪能しました。

店のスタッフはフレンドリーでよく声をかけてくれます。ベネズエラのスペイン語も飛び交っていて、Everything is bien? と聞かれました。

客も1人でふらりと来て、ワインやビールを飲みながら書類を見たり、ネットサーフィンをしたり、グループで来てランチを楽しんだりと思い思いの過ごし方をしています。

お店のならびには2時間まで無料の公共駐車場もあります。ロサンゼルスを訪れる機会がありましたらぜひ足を運んでみてください。なお、サンフランシスコ近郊にも同じ系列の店があるそうです。

Coupa Cafe
419 N Canon Dr, Beverly Hills, CA 90210

詳細はホームページにて

http://www.coupacafe.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です