門前の小僧、習わぬベネズエラ音楽を弾き語る!

クラス参加者のHさんから、100円ショップのミニウクレレの件で動画をいただいたのですが、見てみると楽器のことは忘れて動画の内容に目が釘付けになってしまいました。Hさんの双子のお子さんが、今課題曲のひとつとなっているベネズエラ発の有名なクリスマスソング、エル・ブリート・サバネーロ El Burrito Sabaneroを弾きながら歌っているではないですか!
私の感銘を伝えると、お母さんいわく、「この歌に関しては、私はまったく子どもに教えていないのです。私が勝手にひとりで家で歌っていただけなのを、いつのまにか聞いて覚えたんですね。なので携帯の動画で撮る時も、この歌を指示したわけではないのです。いつのまにか、勝手に歌いだしたので、私がびっくりしました。楽しさが伝わったんだと思います。子どもって(親バカですが)、すごいですね。」と。
クアトロクラス参加者の家庭で、ベネズエラ音楽がこれほどまでに微笑ましい形で伝わっているなんて、指導者として限りない喜びを感じています!ぜひご鑑賞下さい!

※このお母さんのサイト「ころりんころらど」(スペイン語圏の絵本)もぜひ覗いてみてください。

http://colorin15.jugem.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です