〈料理第8回〉エンサラダ デ ガジーナ(鶏のサラダ)

6月8日(金)のベネズエラ料理教室はensalada de gallina(エンサラダ デ ガジーナ)
クリスマスの定番メニューでベネズエラの家庭料理本にも紹介されている一品。

0608a

 


ガジーナgallina とは雌どりの成鳥の肉のことで、日本では手に入りにくいのですが、ポジョpollo(若鶏)とは別に売られています。中南米ではポジョよりも味がよいと好んで使われるそうです。たとえば固形コンソメでもこのように、ポジョのコンソメ(右)とガジーナのコンソメ(左・ブラジル製)が選べます。


[E:restaurant]エンサラダ デ ガジーナの材料

(4人分)

・とり胸肉 1枚
・じゃがいも 中2個
・にんじん 中1本
・グリーンピース 1缶
・ホールコーン 1缶

(飾り付け)
・パプリカ
・アスパラガス
・コリアンダー 各お好みで

(味付け)
・マヨネーズ 大さじ4
・マスタード 大さじ1
・レモン汁 大さじ1
・ソース 小さじ1
・塩、こしょう お好みで

[E:restaurant]つくりかた

0608c

1)とり胸肉を鍋に入れてかぶるくらいの水とくず野菜(ネギの葉など)を入れて20分ほど煮たら、そのまま水の中で冷ましておきます。

2)にんじん、じゃがいもは角切りに。にんじんを5分くらい茹でたところでじゃがいもを入れ、15分さらに煮ます。水を切って冷ましておきます。

0608d

3)1のとり肉を裂いて2とグリーンピース、ホールコーンと一緒に混ぜ合わせます。味付けの調味料を入れ、さらに混ぜます。

4)上に飾りをのせ、冷蔵庫で3時間以上冷やします。

 

♪お楽しみ試食タイム♪

0608e

エンサラダ デ ガジーナに黒米のライスと、ワサカカソースを添えて。パペロンコンリモンも一緒にいただきました。