第19回(11月13日)の復習

■ メレンゲの弾き方
 ~AHONDAワークショップ/RAFAEL BRITO氏の指導より~
① 開放弦でアップダウンを繰り返すのみ~
テンポを一定に保ちながらメレンゲのリズムを感じるため
(↓↑↓↑↓ / ↑↓↑↓↑ = 1のカウントが下と上の2パターンの繰り返しになる)
② ①の弾き方で1と4にアクセントだけをつける
③ ①の弾き方で、1のアクセントのみチャスキードにする
④ ①の弾き方で、1と4のアクセントをチャスキードにする
⑤ ④に、DとA7のコードをつけてやってみましょう!
 ~一定のリズムを保つことはとても大切です。常に心がけて練習しましょう!

■ 『Vals Pica Pica』
・Aメロ復習
・Bメロに挑戦!
・全体通し!(AABB)
・伴奏をつけて通し!!
 ~いい感じです!発表会に向けて磨きをかけていきましょう!\(^o^)/

■  CALIPSOの基本リズム
~全体のノリとしてはアップビート(1234のうち2と4にアクセント)
・ブンバク(&カホン) =||||(ブンバクブンバク),♪|♪||(ブバックブンバ)
・カンパーナ =ウン♪♪ウン♪♪(ウンカカウンカカ),ウ|♪ウン♪(ウカ~ンカウンカン)
・ラジョ =ニクジャガニクジャガ!!(笑)
・クアトロ =ズクジャカズクジャカ / ズジャ~ンチャジャカジャン
(↓↑↓↑↓↑↓↑ / ↓↑    ↑ ↓↑  ↓  )

■ 『CALYPSO MAN』
・全体通し(クアトロとパーカッションを交代しながら)
 ~パーカッションをやりながらのコーラスは難しいですが、少しずつ慣れていきましょう!

※プチ発表会の構想
来年4月8日(金)夜に、カフェ・イ・リブロスの3周年記念パーティーが行われますが、クアトロクラスの2年間の成果を披露する機会として参加したく思います。みなさんは、通常クアトロによる「伴奏」を学んでいるわけですが、できるかぎり、出口・岡野のサポートなしで、クアトロ以外のいろいろなパートをみなさんの間で分担していただき、ベネズエラ音楽の発表会という形がとれるように期待しています。
曲目は以下を予定しています。
①Vals Pica Pica
②QuirpaとSeis po Derechoのメドレー
③コーヒールンバ
④Calipsoのメドレー(Calypso Manと何か)